ケアオブヤード創設者:ヨハンとアナレナ
 

ヨハンはヘア&メークアップアーティストとして活動を開始し、1990年代はヘアスタイリストとして活躍していました。スウェーデンのノーベル賞の会場スタイリストにも任命され、Kylie Minouge(カイリー ミノーグ)、Beyonce(ビヨンセ)、 Lena Olin(レナ オリン)など数々の著名人のスタイリストを担当。スウェーデンのトップスタイリストに上り詰めました。

 

商品開発では、アロマセラピストの姉 アナレナ(Anna-Lena)がディレクターとして加わり、ヨハンのヘアケアの知識と、アナレナのボディについての深い知識を融合させました。

 

彼らは強い信念を持って開発に臨み、透明性を常に心がけて製品作りをしています。強い洗浄成分は配合から取り除き、人や環境に害を及ぼさない素材を使用しています。また、近年は容器も自然分解可能な素材を積極的に取り入れるよう努めています。

 

ヨックモックの大自然の中で育ち、美容業界での豊富な経験を持つ彼らにしかできないブランド作りを目指しています。

map.jpg
 
 
ブランド名の由来
 
 

ケアオブヤードの「GERD ヤード」は私たちが愛する母の名前です。またGERDはスウェーデンの北欧神話にでてくる誇り貴き名前でもあります。この名前が象徴するものは「愛」「純粋」「心地よさ」。この3つはブランドコンセプトの基礎になっており、また母への感謝の気持ちも込めて、ブランド名を「CARE of GERD ケアオブヤード」と名付けました。

 

製品を作る時、いつも私たちのベースは故郷であるスウェーデン北部のラップランドにあります。ここは、大自然がそのまま残っており、ハーブやベリーが豊富に育っています。まさにこの地で製品のレシピが生まれます。

 

もう一方のは拠点は首都ストックホルムにあります。ここでは、トレンドや新しい情報をいち早くキャッチすることができます。まさにデザインや創造力を駆り立てられる場所です。

 

私たちの夢、使命は、ホリスティックな製品を作り出すことだと考えています。実用的、効果的で、人も自然も幸せになれる、そんな製品です。これまでの知識や経験を通して私たちがその夢を叶える、その第一歩が「ケアオブヤード」です。その素晴らしさを皆様に伝えられることを願っています。

創立者
A note from
Johan and Anna-Lena

 

ヨハン・アナレナよりメッセージ

 

 

ケアオブヤードを創った時から変わらない私たちの夢は「維持可能な美しさと豊かさ。」

オーガニックナチュラルと言われるエコロジカルな美しさというものはただ商品だけが良いとは考えていません。環境を壊して創り出される美しさは本当の美しさではありません。

私たちが見ているゴールは

 

「環境保護と共存した美しさの追求」

 

という大きなものです。

 

私達は皆、日々それぞれのゴールに向かって忙しく活動しています。

でも、それはいつの間にか自分らしさという個性を失いストレスと隣り合わせの生活…というのが悲しい事実です。

 

ケアオブヤードをご利用の皆様には、バランスのとれた高いクオリティーの商品をお届けすることをお約束します。

ぜひ自然環境を考慮した上での贅沢な心地良さを実感してください。それは必ず皆さんの日々のストレスを取り除いてくれることでしょう。

 

まず本国スウェーデンでの愛用者がこんなにもたくさんいてくれるという事が、私たちの何よりの誇りです。

そして日本の皆様へも同じ体験をして頂きたく、日本人の髪質についても日々深く研究しています。

日本の皆様にも自分自身のため、私たちの環境のためにも「本当の美しさ」を考え、実感していただきたいと思っています。

これが私の日本の皆様へのメッセージです。

 

Johan  &  Anna-Lena

johan gerd anna-lena.jpg